大門浜松町の歯科TRUST DENTAL CLINIC 大門・浜松町

MENU

小児歯科

Pediatrics Dentistry

小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科では、歯が生えてきたばかりの乳幼児から小学生まで、お子様のお口を診察します。
成長段階にあるお子様のお口の中は日々変化していくため、大人のための「一般歯科」にプラスアルファの知識と技術が必要になります。
当院の小児歯科では、お子様のお口に精通した歯科医師が診療を担当いたします。
その際、お子様が歯医者嫌いにならないように配慮した治療を心がけております。
まずは歯科医院の雰囲気に慣れていただくことから始め、お子様に「歯医者さんが好き」と言っていただけることをめざします。
また、小児矯正歯科とも連携したワンストップでの診療が可能ですので、トータルでお子様のお口を健康な状態にしていきます。



乳歯の特徴

  • むし歯が進行しやすい

    乳歯は永久歯に比べて、歯の表面を覆う「エナメル質」が半分程度の厚みしかありません。また、生え変わったばかりの永久歯も非常に柔らかいため、お子様が虫歯になると、あっという間に進行してしまいます。そのため、虫歯に気づいたらすぐに治療する必要があります。

  • むし歯に気づきにくい

    大人の初期虫歯は「慢性う蝕」と呼ばれ、進行が遅く、茶色や黒っぽく変色します。一方、子どもの虫歯は「急性う蝕」といって進行が早いにもかかわらず、大人のように変色が見られないため、虫歯に気づきにくく、気づいた時には進行していることがあるので注意が必要です。

  • むし歯が進行しやすい

    子どもの虫歯の場合、大人と違って神経のギリギリまで進行しても痛みを感じにくく、お子様が痛みを訴えないことが多くあります。 以上のような特徴があるため、お子様の歯を虫歯から守るためには、こまめに歯科医院で検診を受けることが非常に重要です。




乳歯のむし歯を放置すると起きるトラブル

強い痛みを感じるようになる

乳歯であっても、虫歯が神経まで到達してしまうと、大人の虫歯同様に耐え難い強い痛みを生じます。さらに、治療には麻酔や削ることが必要になってしまうため、お子様にさらに痛い思いをさせてしまうことになり、治療をするのも大変になってしまいます。

永久歯の歯並びに影響する

インプラントは周りの歯に一切触らずに単独で固定することが可能な方法です。
そのため、隣の歯に負担がかからず、結果として全体の歯の悪化を防ぐことが出来ます。

永久歯もむし歯になりやすい

乳歯の虫歯が悪化してしまうと、歯の根っこが膿んでしまうことがあります。そうなってしまうと、乳歯の奥にある永久歯が変色したり、歯質が弱くなったりして、永久歯も虫歯になりやすくなってしまうことがあります。