MENU

一般歯科

General dentistry

一般歯科

口腔内の細菌が作る酸によって歯が溶けた状態を虫歯と言います。
虫歯の原因となる主な菌は「ミュータンス菌」で、糖分を餌としプラークを作り、歯の表面に付着し、酸の作用で歯の表面のカルシウムイオン・リン酸イオンが溶け出して脱灰してきます。

トラストデンタルクリニックの治療法

早期発見、早期治療を目指し、やむを得ず虫歯の場合は、カリエス(虫歯)に検知液を使用し、必要最小限の虫歯治療を行います。
神経保護を最優先し、温存法も取り入れております。
また、治療時の痛みを軽減させるため、治療内容に応じて、世界最細の注射針も準備しております。多数歯に及ぶ虫歯の場合、通常の診療時間では相当な期間を費やしてしまいますので、早期の機能回復、健康回復の為、集中治療も行っております。患者様の大切な歯に、どのような治療を進めていきたいのかを、TRUST ROOMでお聞かせください。

虫歯の原因の原因と病態

虫歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。

1.歯質
歯質は一人一人異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯の再石灰化を促進するフッ化物を積極的に応用することで、歯質の強化を図りましょう。
2.細菌
キシリトールやフッ化物には、虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きがあります。これらを活用したり、歯科医院でのメンテナンスで歯垢(プラーク)を除去しましょう。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

虫歯はこのように進行していきます。

初期の虫歯
C1初期の虫歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は奥歯の上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間や、歯と歯茎の境目に発生しやすく、この段階ではまだ痛みはありません。

歯の内部まで進行した虫歯
C2歯の内部まで進行した虫歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行した虫歯
C3神経まで進行した虫歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

虫歯によって歯茎より上の歯の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。

このような歯の根だけ残った部分の先端部(歯槽骨)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を起こし、腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるを得なくなる場合が多くなります。

根管治療について

深い虫歯や、歯の亀裂、外傷などが原因で神経に炎症や感染が起こってしまった歯や、既に神経治療が終わっていても、根尖病変(根の先に膿がたまった状態)により、再度治療が必要になってしまった歯には根管治療が必要となります。

トラストデンタルクリニックの治療法

当院では、全ての症例で、しっかりとした防湿と、より精度が高く、感染を取り除くことが可能とされる、薬剤や、ニッケルチタンファイル等の器具の使用を行っております。再治療や抜歯に至らないように最大限の治療をすすめております。

チタンファイル

Zoo

一般歯科写真1

一般歯科写真2

クラウン(被せ物)

根管治療後が完了した歯には、クラウン(被せ物)による修復が必要になります。
クラウンには、自由診療と保険診療の2種類があります。保険診療では部位によって、被せ物の材質が決められています。

保険適応の被せ物の種類

硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
特徴
  • ・上の歯と下の歯の前歯に使用されます。
  • ・中身を金属で作り、見える部分にレジンを張り付けた被せ物です。
  • ・使用できる色が限定されているために、天然歯に近い透明感はありません。
  • ・金属アレルギー対象者にはアレルギー反応を起こすことがあります。
FMC FMC(金属の被せ物)
特徴
  • ・前歯以外の歯に使用されます。
  • ・全体が金銀パラジウム合金でできた被せ物です。
  • ・金属アレルギー対象者にはアレルギー反応を起こすことがあります。

自由診療

自由診療では、被せ物の材質の選択が多様化され、患者様の歯質の色に合わせて、審美を伴い、作ることが出来ます。

虫歯

自由診療の被せ物

オールセラミック オールセラミック
特徴
  • ・セラミック(陶器)でできたクラウンです。
  • ・天然歯のような透明感があり、患者様の歯質の色に合わせることができます。
  • ・変色しません。
  • ・金属アレルギーが起こりません。*金属アレルギーについては補綴のページに詳しく記載しておりますので参考にしてください。
メタルボンドメタルボンド メタルボンド
特徴
  • ・中身を金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。
  • ・中身が金属で作られているため耐久性があります。
  • ・透明感はオールセラミック程ではないですが、自然な白さがあります。
  • ・裏から見ると金属が見えます。
  • ・金属アレルギーを起こすことがあります。
ジルコニア前歯ジルコニア奥歯 ジルコニア
特徴

様々な業界で広く使用されています。人口ダイアモンドと呼ばれ、使用用途は、宝飾品やスペースシャトルの外壁などです。
高い強度と生体親和性を兼ね備えており、歯科治療の分野で金属に変わる素材として使用されています。

  • ・生体親和性が高いため、人工関節などの医療分野にも使われています。
  • ・歯を削る量が少なく、歯肉に触れる部分が黒くなりません。
  • ・強い強度で長く美しい状態で使用できます。
  • ・摩耗しにくい素材です。
  • ・表面が滑らかで、汚れが付きにくく、変色がありません。
  • ・年月が経過しても歯と歯茎の境界が黒ずむことがありません。