MENU

診療案内

Medical

診療案内

各種保険取り扱い
急患受付可能

一般歯科

口腔内の細菌が作る酸によって歯が溶けた状態を虫歯と言います。
虫歯の原因となる主な菌は「ミュータンス菌」で、糖分を餌としプラークを作り、歯の表面に付着し、酸の作用で歯の表面のカルシウムイオン・リン酸イオンが溶け出して脱灰してきます。

歯周病

近年、歯科治療は、歯の健康はもちろんであり、健康寿命に関係があることが取り沙汰されるようになってきました。
2011年に歯科健康保険の推進に関する法律が公布、施行され、2013年から「第二次健康作り運動が実施されて、全身とのかかわりにおける歯周病の予防、口腔健康の推進に取り組むようになりました。歯周病のエビデンスやガイドラインは学会会員に正確な情報として開示されています。それらに沿って、歯周病治療は保険でできる診療です。歯周病の治療を進めることで、歯周病が進行して全身への影響がおこるとされている、糖尿病・心筋梗塞・脳梗塞・心内膜炎・誤嚥性肺炎・早産、等の病気を引き起こすリスクを軽減することができるようになります。歯周病は、生活習慣病と位置付けられており、食生活、歯磨きの習慣などの保健指導の重要性が高いといわれています。

長寿大国になった日本において、生涯をとおして自分の歯で好きなものを美味しく食べられ、楽しく会話ができ、笑顔を保ち続けられるために、8020 (80歳で20本の歯を残す)運動が提唱、推進されています。歯周病罹患率は、年齢階層別でいうと「35歳~69歳の働き盛りの年齢層が80%以上を占めている」という調査結果が出ています。
しかし、歯周病に気付いていない場合や、気づいているけれど治療に躊躇している人も多いのが現状です。当院では、どのように治療を進めていくことがベストであるのか?必要な治療を選択して頂きながら、口腔内の健康を改善していきます。

インプラント

インプラント治療はブローネマルク教授により基礎研究がなされ、1965年にヒトへの臨床応用が開始され、1980年ごろ世界中の歯科治療にとり入れられました。
今日では、長期経過症例に基づいたエビデンスも確立され、CT、コンピューター支援システム、設計、製作(CAD /CAM)システムにより適応症も拡大しつつあります。年齢層の拡大には、インプラントだからできる予防と機能回復が大きなテーマのひとつになっています。片側遊離端欠損(片方の奥歯に歯のない状態)症例では、本来の噛む機能を6割喪失していることになります。臼歯部(奥歯)のかみ合わせが喪失すると、かみ合わせが低くなり、その結果として、前歯のかみ合わせにフレアアウト(下の歯が上の前歯を突き上げる)症状がでてきます。その意味で、インプラントは、咬合崩壊(かみあわせの不調和)の予防になります。歯を失った際の治療として、隣在する歯を削ってブリッジになるか?それとも保存してインプラントを埋入するのか?
インプラントは、天然歯(隣在歯)を削らないため、天然歯喪失の予防と言えます。また、三叉神経の終末枝である歯が欠損すると、大脳皮質感覚野にシグナルが伝達されず、知覚・触覚・運動域が制限され、大脳皮質感覚野からの指令を失うことになります。それにより記憶や運動能力が阻害され、認知症のリスクが高まることが証明されました。厚生労働省や日本歯科医師会が8020 (80歳で20本歯を残す) 運動を推奨している大きな理由でもあります。インプラント治療を行うことで、咬合を改善し大脳皮質感覚野への刺激を回復することができます。そういった意味で、インプラントは認知症の予防と言えます。

インプラント治療はしっかりとした情報を基に行う手術です。インプラント治療が必要かどうかをお身体の状態、口腔内の状態、レントゲン、CT など全てを分析してご説明いたします。検査結果を基に、注意事項を含め、患者様目線で状況を理解していただくための時間を共有させていただきます。

ホワイトニング

ホワイトニングは審美歯科の一分野で、歯科医院で行う〝オフィスホワイトニング″と自宅で自由な時間で行える〝ホームホワイトニング″があります。

審美歯科

歯の治療は一般的には機能回復と審美治療に分類されます。日本審美学会では「顎口腔において形態的・色彩美・機能美・の調和を図り、ひとびとの幸福に貢献する歯科医療のための教育及び学習に関する学問体系である」と定義しています。このように、機能回復を前提として、患者様が治療して歯磨きが楽しくなるような満足度の高い診療を心がけています。

予防メンテナンス

トラストデンタルクリニックでの予防歯科は視覚でわかる効果が実感できます。