大門浜松町の歯科TRUST DENTAL CLINIC 大門・浜松町

MENU
     

症例ブログ

Blog

       

症例ブログ

歯がボロボロになってしまった方の治療

当院のブログをご覧いただきありがとうございます。 40代男性 歯が全体的に悪くなってしまったが、機能上も完璧に、見た目上も綺麗にしたいとのこと。 左下に1本インプラント、それ以外はジルコニアによる治療を行うことに。 右上には再生療法も行った。 顎の位置も安定しなかったため、仮歯を使用し、顎の位置の安定を図った。 また、咬合の高さや歯の長さも微調整を繰り返しながら、医療的にも、患… 続きを読む

歯がボロボロになってしまった方の治療

当院のブログをご覧いただきありがとうございます。 60代 男性 以前は入れ歯を使用していたが、合わなくなって、歯茎が痛くなり外していたので、しっかりと治したいとのこと。 ご自身でも咬む位置がわからないとのことで、まずは、入れ歯を使用し顎の位置を安定させインプラントを4本埋入することに。 金属による治療により再発を繰り返していたとのことで、全顎的にジルコニアで修復することに。 短… 続きを読む

歯がボロボロになってしまった方の治療

40代男性 当院のブログをご覧いただきありがとうございます。 歯がボロボロになってしまった方の治療経過になります。 インプラントを6本埋入し、インプラントが骨としっかり結合したのを確認し、仮歯を使って奥歯を安定させました。前歯と右下のブリッジに関しては費用の関係もあり保険診療にて治療をしております。 まだ治療途中ではありますが、術前と比べ大幅に改善したのを実感いただいております… 続きを読む

歯をメンテナンスすると認知症やキケンな病気を予防できる?

こんにちは。   JR山手線「浜松町駅」北口から徒歩3分、都営大江戸線・浅草線「大門駅」A1出口から徒歩30秒にある 「トラストデンタルクリニック大門浜松町」です。     高齢化社会の加速が留まらない我が国では、全国の認知症の高齢者数が460万人を超えました。   このままいくと2025年には675~730万人まで増え、高齢者のうち5人… 続きを読む

歯の神経を抜いてもいいの?メリット・デメリット

こんにちは。   JR山手線「浜松町駅」北口から徒歩3分、都営大江戸線・浅草線「大門駅」A1出口から徒歩30秒にある 「トラストデンタルクリニック大門浜松町」です。     歯の根っこには、「歯髄」という神経や血管を含んでいる組織があります。   むし歯が進行すると、歯の神経を抜く治療を行うことがあります。これを根管治療といいます。 &n… 続きを読む

歯ぐきが腫れて血が出る…歯を失うかもしれない!

こんにちは。   JR山手線「浜松町駅」北口から徒歩3分、都営大江戸線・浅草線「大門駅」A1出口から徒歩30秒にある 「トラストデンタルクリニック大門浜松町」です。     歯ぐきが腫れている、血が出る。だけど強い痛みはない。「痛くないからいいか」と思って放置していると、歯を失ってしまうかもしれません。 歯や歯ぐきに異常を感じたら、できるだけ早めに… 続きを読む

抜いたほうがいい親知らずとは?

こんにちは。   JR山手線「浜松町駅」北口から徒歩3分、都営大江戸線・浅草線「大門駅」A1出口から徒歩30秒にある 「トラストデンタルクリニック大門浜松町」です。     「親知らず」は20歳前後に生えてくる、もっとも奥の歯です。   前歯から数えて8番目に当たり、上下左右で合計4本あります。中には「親知らず」が歯ぐきに埋まったまま、生… 続きを読む

プラークコントロールでむし歯・歯周病を予防!

こんにちは。   JR山手線「浜松町駅」北口から徒歩3分、都営大江戸線・浅草線「大門駅」A1出口から徒歩30秒にある 「トラストデンタルクリニック大門浜松町」です。     「むし歯や歯周病の予防には、プラークコントロールが大切」と、耳にしたことはありませんか?   まさにその通りで、プラークコントロールができれば、むし歯や歯周病の心配が… 続きを読む

歯が痛い!むし歯だけじゃない歯痛の原因について

こんにちは。   JR山手線「浜松町駅」北口から徒歩3分、都営大江戸線・浅草線「大門駅」A1出口から徒歩30秒にある 「トラストデンタルクリニック大門浜松町」です。     むし歯じゃないのに歯が痛い。そんな状態に陥ることがあります。   今回はそんな「非歯原性歯痛」についてのお話です。     むし歯のほかの歯痛の原… 続きを読む

症例6 根管治療

当院のブログをご覧いただきありがとうございます。 50代女性 右下銀歯の内に虫歯を確認 銀歯を除去すると神経に達するしていた 神経を取る処置を開始 感染リスクを減らすため、1回で全ての神経を取る処置を行った 根は2つであるが、それぞれ2つに分岐し、4つの根管が見つかった 痛みなどの症状もなかったため、治療を完了 ジルコニアによる治療 根の治療は唾液の混入や詰め物の脱離により、再… 続きを読む
1 2 3 4 5